ハケンのホンネ座談会第5回
男性エンジニア前編・3

正社員は管理を求められがちだけど、派遣は技術者の道を突き進めます

自らステップアップの場を選べるというのは、派遣ならではだと思います。
では、派遣と正社員とでは、働き方にどのような違いがあると感じていますか?

橋本さん
正社員として働いていたときは、言われたことを実行するのが仕事でしたが、派遣は仕事を自分で選ぶことができる。もっと言えば、勤務時間すらも自分でコントロールできます。そこが派遣と正社員の最大の違いであり、よいところだと思います。
伊藤さん
開発の仕事は忙しさの波が激しいので、始業時間は決まっていますが、終業時間をコントロールできないときがあるんですよね。私も正社員時代には、社員旅行やソフトボール大会、親睦会など、会社行事にかなり振り回されました(笑)。
芦花さん
私はまだ派遣として働いている期間が短く、現在は時間通りに出社、退社ができていますが、正社員時代には、すっぱりとラインを決めて働くのが難しかったですね。しがらみのようなものもあって、自分の思い通りにならないことも少なくありませんでした。
橋本さん
働く時間を自分でコントロールできるかどうかは、ぶっちゃけ、許してくれる会社と許してくれない会社があるので、許してくれる会社に出会うまで転職を繰り返すしかありませんよね。私の場合は、運よく許してもらえる会社に出会えたのがよかった。たとえ仕事が終わらなくても、「次の日にこうこうしますから」と説明すれば、問題なく帰宅できますから。
伊藤さん
でも、正社員の方が遅くまで残っていると引き揚げづらくないですか?
橋本さん
そこは気合い一発ですね(笑)。
西さん
僕は経営者でもあるわけですが、経営者だからといって自由に働けるわけではありません(笑)。税理士や会計士に命令されたり、いろいろな人にコントロールを受けたりして、本意ではない働き方をしなければならないときがあるんです。正社員も同じで、事務処理とか嫌々する仕事があるでしょう? その点で派遣は本当に恵まれていて、うまく時間を活用できれば、正社員と比べてはるかに気持ちよく働くことができるんですよね。
伊藤さん
今の正社員は、会社の幹部候補という色合いがますます強くなっているように感じます。正社員の皆さんも技術者として入社されたのかもしれないのですが、派遣が技術の専門職として入り、正社員は、派遣やプロジェクトを管理するのが仕事といった感じが強くなっているように思います。
芦花さん
正社員がスケジュールや作業範囲などを考えてくれて、自分たち派遣はしっかり働けばよいという体制は、やりやすくてありがたいですよね。
伊藤さん
そういった面も考慮すると、技術者、エンジニアとして生きたいのなら、派遣という働き方が最適なんじゃないかと思えるんですよね。

男性エンジニア編【後編】に続く

  1. 1
  2. 2
  3. 3

ハケンのホンネ座談会
Back Number

  • ハケンのホンネ座談会 第7回 関西在住エンジニア編 前編
  • ハケンのホンネ座談会 第6回 男性エンジニア編
  • ハケンのホンネ座談会 第5回 男性エンジニア編
  • ハケンのホンネ座談会 第4回 女性エンジニア編
  • ハケンのホンネ座談会 第3回 女性エンジニア編 前編
  • ハケンのホンネ座談会 第2回 Webディレクター・Webデザイナー編
  • ハケンのホンネ座談会 第1回 Webディレクター・Webデザイナー編