IT エンジニア プロフェッショナルインタビュー 最前線で活躍するITエンジニアの声をお届けします。 第二回目は、金融系ITコンサルタント 北條 尚人さんです。

ITコンサルタントになるまで

Q.SEだけでなく、ITコンサルタントの仕事をするようになったきっかけはなんですか。

北條:
元々はSEとして、とあるお客さん先に入っていたのですが、その時にお客さん側のIT部門に席を作っていただきました。システム導入の時や新しいプロジェクトの時に、ベンダーさんからの見積もりやシステムの条件を一緒に精査するタイミングがありまして。それがきっかけで技術的なところではなくコンサル的な部分も面白いなと思い、そこからITコンサルタントの仕事が始まりました。

─ 「ITコンサルタント」になれたポイントは?

北條:
自分の場合は、特別に知識や技術力が高いわけではないと思っています。フリーランスをやっている中でも。
ただコミュニケーションは常にとるようにしています。

お客さんが何をしたいか、極力話を聞こうと思っています。こういうシステムがあるからこう作るべきだ、とかではなく、お客さんがどう作りたいか。どういったプログラムを組みたいかなど、そういう部分をまず聞くようにしています。

─ ITコンサルタントとしてのご自身の強みはなんですか。

北條:
広く浅くできるところでしょうか。そこが一番強いところですね。プログラムもそうですし、システム構築やコンサル的なことに関してもそうだと思います。

─ ITコンサルタントを目指す方へのアドバイスをお願いします。

北條:
システムには一つのカタチとしてこうあるべき、というものがありますが、そこにあまりこだわらないで、お客さんそれぞれに合わせていくことが大切だと思っています。
お客さんによって環境が違ったり、考え方や文化が違ったりするので、「こういうシステムを作るならこうあるべきだよね」ではなくて、お客さんが「こういうシステムを作りたい」と言ったら、「そこにどういう課題やニーズがあるのか」を見ることが大切だと思います。

微笑む北條氏の写真

クライアントとの良好な関係作りが大事
報酬に見合うアウトプットを出せるという信頼が交渉のベースに

─ 正社員のような昇格制度がない派遣やフリーランスのキャリア形成で、ステップアップを成功させる具体的なポイントがあれば教えてください。

北條:
僕のやり方は、今の仕事が終わる前に次の仕事を具体的にすること。次の仕事を探し始めたり話がきたりしたタイミングで、今こういうことやっている、過去こういうことやっていた、などを具体的に話します。
今いくらもらっているとか、こういう契約をしているとか。

「もし次の機会に自分を雇いたいならこれ以上はください」など具体的に出しています。「現状こういった契約形態でこれくらいのお金をもらっている」とか包み隠さず話し、条件の選択肢を拡げるようにしますね。
今こういう話が出ているので、条件をあげてくれなければ次のところに行きます、と正直に話します。
もちろん、人付き合いを優先する時もあります(笑)人間関係は大事ですから。

ただ、お金が上がらなかったとか、これだけやっているのに増えなかったってこともストレスになるので、しっかりクリアにします。それで上がらない場合ももちろんありますが、それはそれで仕方ないかなと。
じゃあもっと頑張ろうかなと、割り切ります。

  • mixiチェック