IT エンジニア プロフェッショナルインタビュー 最前線で活躍するITエンジニアの声をお届けします。 第一回目は、株式会社ブレイブソフト 代表取締役CEO/CTO 菅澤 英司さんです。

これからのITエンジニアへアドバイス これからのITエンジニアへアドバイス

─ 若手のエンジニアに向けて励ましのお言葉をお願いします。

菅澤:
僕も一エンジニアとして会社を立ち上げました。色んなものを作って、とにかくヒットするものとか売れるものをと思い、さらには人の役に立てるサービスを作ろうと思ってきました。全てのエンジニアはそういうところから始まっていると思います。それをずっとやり続けてきて、今本当に1000万人が使うアプリを作ることができて、僕はすごく幸せに楽しく毎日を生きられています。若手のエンジニアの方にはそういうところを目指して、同じように頑張ってほしいですね。

そのために、若いうちに色んなプロジェクトに関わって開発経験を積むというのは非常に重要だと思います。一番成長する時期だと思いますね。そこで「目の前のプロジェクトを成功させるぞ」と思って頑張ってほしいですし、もっともっと意欲的に色んなプロジェクトに関わって誰にでも頼られるどこででも役に立つ人材になってほしいです。世の中まだまだエンジニアが足りていないので、そこでエンジニアが増えていって世の中を変えて行くというのが理想ですね。

我々もそこを最前線で頑張っているつもりですし、全国のエンジニアがそんなつもりで頑張って世の中に貢献してもらえたら嬉しいですね。

ブレイブソフト菅澤氏直筆の壁紙。 新しいものへの果てしない挑戦

社内の壁面。中央は菅澤氏直筆。スタッフの寄せ書きが楽しみつつ切磋琢磨している社風を感じさせる。

ITエンジニアとしてキャリアを積んできた方へ ITエンジニアとしてキャリアを積んできた方へ

Q.ITエンジニアがこれから目指すべき目標とは何でしょうか。

菅澤:
エンジニアという仕事は、とても選択肢の幅が広いと思いますね。
うちに入ってきたエンジニアの中で派遣をやっていた人も、起業していたり、あるいは個人でアプリを作ったりなど様々です。一年間やってみて、思ったようにいかなかったらまた元に戻って就職することもできます。

エンジニア自体は引く手あまたで、すごく世の中で必要とされていると思います。起業してもいいし、好きなアプリを作ってみてもいい、どこかいきたい会社に入ってみてもいいですし、力さえあれば自由に選択できる仕事ではないでしょうか。
選択肢は無限に拓かれていると思います。ですからまずは力をつけて、そこから楽しみましょう!と思っています。

キャリアチェンジでITエンジニアを目指そうという方へ キャリアチェンジでITエンジニアを目指そうという方へ

Q.これからITエンジニアになりたいという方に向けてアドバイスをお願いします。

菅澤:今でも、プログラムを始めた時のことはよく覚えています。とっても難しかったので。
今はすごく好きで、なんでも作れるのですが、始めた時はもう、「この英単語の意味がわからない」というようなことが多くて、日々苦戦していました。しかし、1年、2年とやっていくうちに、ちょっとずつ自転車に乗れるようになったみたいに、やっていけるようになりました。

最初は難しいと思いますが、そこで諦めないでほしい。今の時代、企画やデザインを専門とする人が、プログラムを作れないのが悔しいと言い、30歳を過ぎてからプログラミングの勉強をするケースも結構あるんですよ。でも忙しくなってしまってからでは、習得が難しいようです。

20代で時間のあるうちに1年2年、プログラムに没頭にしてそのスキルや技を身につけるというのは、実際に変わるチャレンジになると思います。最初は苦労することも多いと思いますが、一つひとつ乗り越えて、自身の目指すキャリアを築いていっていただきたいと思います。

取材・記事作成::沼本奈々

  • mixiチェック