IT エンジニア プロフェッショナルインタビュー 最前線で活躍するITエンジニアの声をお届けします。 第一回目は、株式会社ブレイブソフト 代表取締役CEO/CTO 菅澤 英司さんです。

菅澤氏が想う「追及するべきエンジニアの理想」とは 菅澤氏が想う「追及するべきエンジニアの理想」とは

Q.菅澤さんが想う「エンジニアの理想像」というのはどういうものですか?

菅澤:
そうですね、その話も繋がってくると思うのですが、僕は世の中のエンジニアやプログラマーたちが、プログラミングを楽しめていないのではないかと思っていて。アプリを作って面白かった、それでヒットして喜んでくれた、というところで、その「作る楽しみ」とか「面白さ」というのを、尾崎(豊さん)みたいですけど『大人になるにつれて忘れていってしまう』(笑)、のではないかと思います。本当にただただ作らされているってなってしまっているのではないかと。

自分からも主体的に「こういうもの作りましょうよ」とか、「こういう風にやったらどうなるかやってみて、このビジネスの方が成功した」とかが大切だと思います。それはどの業界でも、どこでやっているエンジニアでも、そこまで追求しているエンジニアの方がやっぱり必要とされているし楽しそうに仕事していると思います。

今はもう色んなベンチャーとかエンジニアへの理解は深まっているので、エンジニアにとってはいい環境だと思うのですが、僕が学生の頃は、「基本エンジニアというのは裏方であり、表には出ない存在なんだよ」という風に大学の教授が言っていたのを、僕は「え、それじゃつまんないな」と感じていて。でも、プログラムそのものは楽しいので、それがちゃんと楽しくできる会社というのを追求しようと思ってずっとやってきました。

─ 楽しんで、目的意識を持ってプログラムをやるというのが大事ということですか

菅澤:
どうしたら広く使ってもらえたり、人を幸せにしてあげられたり、ビジネスが成功するだろう?というところまで考えられたらいいですよね。プログラムの設計にも生かし、リリースしてからも成長させるというところを考えられるエンジニアは理想的です。

社員とミーティングするブレイブソフト菅澤氏の写真

「こういうもの作りましょうよ」まさに、そんな言葉が聞こえてきそうな打合せ風景

若手エンジニアの方への想い 若手エンジニアの方への想い

Q.派遣としてのエンジニアの良さについてどうお考えですか?

菅澤:
エンジニアでどこへ行っても食べていけるような実力をつけると、本当に人生変わりますよ。
必要とされるし、自由にも生きていける。
まずエンジニアをやってみてほしいなと思います。そしてエンジニアとしてその道を極めてほしいです。

どこへ行っても食べていけるという自信を持った、そういうエンジニアになってほしいと思います。
そのためには経験が必要ですが、いきなり採用するには、実績とか実力のある人になってしまうので、まず派遣でそういった経験を積むということは最初のステップとしていいと思います。

派遣で経験を積み、入社した社員の中には、才能のある方が多いです。いろんな現場に行くのでコミュニケーション能力とか柔軟性が高いですね。そして現場の経験値があるので頼もしいと感じます。
そういう意味では、ひとつの会社とかひとつの現場でやり続けるというより、(派遣ITエンジニアとして)いろんな現場を見て、会社、開発スタイルを知っているというのは、一つの方向性としていいと思います。

  • mixiチェック