IT エンジニア プロフェッショナルインタビュー 最前線で活躍するITエンジニアの声をお届けします。 第一回目は、株式会社ブレイブソフト 代表取締役CEO/CTO 菅澤 英司さんです。

エンジニアはプロジェクトに携わることが一番のキャリア形成 エンジニアはプロジェクトに携わることが一番のキャリア形成

Q.新卒からの起業で、苦労した点は?どのようにキャリア形成されたのでしょうか。

菅澤:
学生時代に、大学である程度コンピュータの勉強をしていましたが、やはり仕事でやるとなると大変でした。初めは、まだそんなにプログラミングを書けない時から仕事がきてしまって、勉強しながら作りました。学校でもそうですが、自分で独学する時って、目的がないのでなかなか捗らないと思うのです。でも若かったので、「なんとかします!」と答えてしまって。そうすると自分で勉強して、力をつけて納品しないといけないので、「仕事でやると学校で学ぶより全然成長が早いな」と体感しました。

思い返すと、大学2年生〜4年生の3年間で様々なプロジェクトをやったことがエンジニアとして一番の成長になったのかもしれませんね。起業してからはもっとバリバリやらないといけない世界で、開発もするし、営業もSEもするし、キャリアアップより先にいきなり「社長」という状態でしたので。

─ 色々な職種の経験をされてきたのですね。

菅澤:
そうですね。最初はプログラムを組むことしかできない状況で起業しました。ですが生きていくため、仕事を取りにいくために、ただただ仕事をやるということではなく、理想の会社を作っていきたいと思うようになったので、会社を拡大するために営業にも力を注ぎました。
営業をするだけではなく、企画にも挑戦し、どうしたらサービスがヒットするかも考えましたね。受託で作ったものでも、その後上場に寄与できるような製品に育つように企画を工夫しました。
社員が増えてきたこともあって経営もちゃんとしなくてはならないと思い、なんでもやるようになったなという感じです。

デスクで仕事にあたるブレイブソフト菅澤氏の写真

スタッフを見渡せるフラットなオープンスペース

柔軟な発想には合間でリフレッシュすることが大事

プログラミングだけでない、今のエンジニアに求められるもの プログラミングだけでない、今のエンジニアに求められるもの

Q.キャリアを築く過程でコミュニケーションも大切だったのではないかと思いますが、その点に苦手意識がある方が多いですよね。

菅澤:
僕も学生時代と比べて「結構性格が変わったな」と思います。
もともと研究や技術開発をする人間だったので、みんなに話しかけるなど、積極的なコミュニケーションをとるタイプではありませんでした。しかし自ら営業をし、クライアントとの商談や交渉、社内のマネジメントをするようになってからは、どんどん自分からコミュニケーションをとっていくようになったという感じです。

− ご自身の中で大きな変化がうまれたのですね。業界全体としてはいかがでしょうか。

菅澤:
昔のプログラマーは、こもって作ることや、同じものを1〜2年かけて作ることが多かったと思います。しかし、アプリ開発だと役割の境目がありません。プログラマーだけでなく、エンジニアやデザイナーがそれぞれの個性やアイディアを出し合い、企画を進めていく。例えば「ひとつの機能を作り込むよりも、アイコンをちょっとかわいくした方が売れた」あるいは「説明がいらない、直感的に触れる」みたいなことは、誰が考えてもいいと思いますね。今は、それぞれがちゃんと考えていないと、時代にあったヒット作を生むことはできないので、技術だけでなく、幅広いクリエイティブやビジネスマインドがキーになってきているのではないかと思います。