お役立ちガイド:IT・エンジニア系の職種マップ

運用管理・保守

多様化するITを安定性・信頼性などの面から支えるスペシャリスト。専門知識やスキルを身に付けてステップアップが可能。

職種紹介

運用管理・保守はこんな仕事

サーバやネットワークなどの運用管理・保守を担当する仕事です。企業やデータセンターなどにあるITシステムの稼動状態を確認するほか、必要に応じてソフトウェアの更新、データのバックアップなどの作業を行います。また障害が発生した場合には、正常に稼動していない原因を調べ、復旧作業を担当します。重大な障害においては、システムエンジニアやネットワークエンジニアなど、周囲の関係者と協力しながら対処することもあります。

求められる経験・スキルは?

運用管理・保守には、サーバやアプリケーション、ネットワーク、データベースなどITシステム全般に関する広い知識が求められます。障害が発生した場合などは、原因や状況を聞きだす、関係者と協力しながら作業する、お客さまへ報告するといったコミュニケーション力も必要です。各種ベンダーのOS、ネットワーク機器関連資格や情報処理試験のネットワーク、セキュリティ系資格の取得で、体系的なスキルアップも有効です。

運用管理・保守はどのような会社で仕事をする?

運用管理・保守を行うにあたっては、大きく分けると3つのパターンがあります。

①運用管理・保守を自社で行っているシステム会社

②客先のシステム会社

③データセンター(顧客のサーバを預かりインターネットへの接続回線や保守・運用サービスなどを提供する施設)

データセンターにおいては、基本的にサーバの運用は顧客自身が行いますが、停止していないか監視するサービスや、定期バックアップなどの付加サービスを提供しているところもあります。

運用管理・保守を経験し、どのようなキャリアを積んでいくか?

システム運用・保守として経験を積み、プログラムの知識を高めていくことで、システムエンジニアやネットワークエンジニアとしてキャリアアップを目指すことができます。また、メンバー管理や資産管理、各部署の調整を極めることでマネージャー職を目指すことも可能です。

運用管理・保守の仕事を探す

IT・エンジニア系の仕事をお探しならアデコにご相談ください

アデコでは、システムコンサルタント、ソフトウェア開発(SE・プログラマー)から、Web系業務やDTPまで、幅広い職種をご用意。豊富な派遣先企業、勤務地の中から、あなたのご希望に合った仕事をご紹介しています。

  • mixiチェック