お役立ちガイド:IT・エンジニア系の職種マップ

CADオペレーター

アイデアをカタチに変える重要業務。正確、きれいな製図ができれば未経験もOK。

職種紹介

CADオペレーターはこんな仕事

建築、機械、電子回路、電気、プラント、設備、土木などの設計図面を製図する業務です。CADと呼ばれる各種設計・製図アプリケーションソフトを操作して、設計技術者がデザインしたプランや図面などをもとに、精密な設計図面を仕上げていきます。時には原型となるCADデータに細かい変更や修正を加えるケースや積算見積りの作成を行うケースもあります。また最近では、設計技術者がCADオペレーションまで一貫して手がけるケースも増えており、今のうちに単純なデータ入力だけでなく、専門知識や実務経験を蓄えておくことで次のキャリアにつながっていくことでしょう。

求められる経験・スキルは?

CADの基本操作スキルは必須。特に、AutoCADの操作経験が問われることが多くあります。資格はそれほど重視されませんが、設計図面製作やテクニカルイラストレーションなどの資格をお持ちの方は、より高度な業務へのステップアップが期待できます。

CADオペレーターはどのような会社で仕事をする?

CADは様々な業界で幅広く導入されており、設計に携わる人たちにとってはCADオペレーターの技術は必要不可欠です。その為、求められている会社も多様多種です。

①設計事務所

設計者の描いたスケッチなどをもとに設計図面を正しくトレースしていく業務です。建築、設備、電気など分野が分かれていて、それぞれ専門の知識が必要となります。

②デザイン会社

デザイナーのアイデアやデザインを図面で表現していく業務です。CADオペレーターにより精巧な完成予定図の作成が可能になり、図面にするデザインは多岐にわたります。

③メーカー

工業製品の開発にあたり、新製品開発の為の企画会議やプレゼンテーション等の場でCADによる3次元モデルが可能になり、製造の現場では必要不可欠となっています。その分野は、自動車、家庭電器製品、パソコン、日用品など、幅広いものとなります。

CADオペレーターを経験し、どのようなキャリアを積んでいくか?

CADは様々な業界で導入されている為、希望する方向性を考え専門の知識を高めていくことでキャリアを積むことができます。CADソフトにはそれぞれの特徴がある為、最新の情報とさまざまなソフトに精通する事で活躍の幅も広がります。

①技術の専門高度化

製図の基本を学び、現場で経験を積む(複数のソフトの習得)

②他業界への応用

知識や感性を生かして、専門の分野で設計やデザイン

③組織内の中枢メンバーへ

製作チームの一員となり、アイデアや経験を形にする

④階層の昇進

マネージメント力をつけ、昇進を目指す

CADオペレーターの仕事を探す

IT・エンジニア系の仕事をお探しならアデコにご相談ください

アデコでは、システムコンサルタント、ソフトウェア開発(SE・プログラマー)から、Web系業務やDTPまで、幅広い職種をご用意。豊富な派遣先企業、勤務地の中から、あなたのご希望に合った仕事をご紹介しています。

  • mixiチェック