MyStory05 事務→システムエンジニア 窪田愛子/33歳

前職について

司法書士を目指していたので、法学部を卒業後、法律事務所に就職しました。事務作業がメインで、その会社は国際的な案件を取り扱うことが多かったので、契約書を翻訳したり、調べ物をしたりしていました。

未経験からIT業界にキャリアチェンジしようと思った理由やきっかけ

私がまだ中学生の頃、今ほどPCが普及していなかったのですが、母親がメカ好きでPCがすでに家にありました。インターネット回線も引いていたので、当時から知らない人とチャットするなど、PCはとても身近な存在でした。前職ではあまりPCを使うことがなかったのですが、大好きなPCに関わる仕事に携われたら楽しいかなと思ったのがきっかけです。
まずIT業界に強い人材派遣会社に登録して、派遣スタッフとして3年間WEB関係の社内ヘルプ業務を担当し、その後今の会社に正社員として入社しました。

IT業界にキャリアチェンジして良かったこと・苦労したこと

良かったことはPCひとつあればどこでも仕事ができることですね。私は3年前に出産したのですが、自宅でも作業ができるので、子育てしながら仕事ができるのは大きなメリットです。
覚えることはたしかに多いですが、それはITに限らず、どの業界でも言えることだと思います。
専門的なことより、さまざまな社内の調整に苦労することはよくありますね。
そのためにも常にコミュニケーションは大切にしています。

現在の仕事内容について

Branch Office チームに所属し、主に社内のPCの管理をしています。新しいソフトウエアの導入や、PCの入れ替えなど、従業員たちの要望を受け入れながら、スムーズに業務を行えるように手助けするのが私たちの役割です。

たとえば何か新しい案件が動き出す時は、プロジェクトマネージャーが、人員の編成や予算の調整など、全てにおいて指示を出します。それに従い、プレイヤーとして環境を整えていくのが私たちの仕事です。同時にいくつもの案件を担当することもあるので、あらゆることの調整が大変ですが、毎日が刺激的でとても充実しています。

オフの過ごし方

子どもと一緒に公園に遊びに行くことが多いです。
子どもを寝かしつけてから行うことが、大好きなゲーム。私の最高のリフレッシュ法です(笑)。
あとはネイルサロン!常にPCと向き合い、キーボードを操作しているので、自分の爪がキレイだとテンションが上がります。夫も、私が働くことも応援してくれているので、サロンに行っている時は、夫が子供の面倒を見てくれています。毎日忙しいけれど、とても充実した日々を過ごせています。

ママになってから、働き方はどう変わりましたか。

1年半の育休後、職場復帰して以来、時短と在宅勤務を組み合わせて働いています。
時間を有効活用でき、とても助かっています。復帰する時も何の問題もなく、すんなりと受け入れてもらえましたし、以前より仕事を楽しいと思えるようになりました。
在宅でも現場とは、Skypeで繋がっているので、仕事やコミュニケーションに支障をきたすことはありません。
社内全体で在宅を推奨しており、私だけでなく、男性含めて、在宅勤務している人も多くいます。

未経験からIT業界にキャリアチェンジする方にメッセージ

新しいことに挑戦したい、物事を順序立てて考えることが好きな人は、ぜひIT業界に飛び込んでほしいです。自分が考えた分だけ、スキルを身につけた分だけ、仕事に生かすことができるし、チャンスも広げられ、成長を感じられると思います。
また時短や在宅などの新しい就業形態が整っている会社が多いので、ワーキングマザーにも最強の業界だと思います!