MyStory01

美容師アシスタント→WEBデザイナー 高野瑠那/21歳

前職について

前職は美容室でアシスタント業務。
主に、営業内での店舗の掃除やスタイリストのヘルプなどをメインとして行なっていました。

未経験からIT業界にキャリアチェンジしようと思った理由やきっかけ

きっかけは当時働いていた美容室にIT業界のお客様がいらっしゃったことでした。
当時の私は、ネットサーフィン程度の知識しかなく、専門的なことはあまり分かりませんでしたが、お客様の話を聞くうちに、普段何気なく利用しているHPやアプリケーションなど作成するにも、様々な技術と考案を重ね、作成されていることを知ったのです。
その日から次第に興味が沸き始め、自身でITについて調べるうちに、「この業界で活躍したい」という思いが強くなり、思い切って転職しました。

IT業界にキャリアチェンジして良かったこと・苦労したこと

良い点はパソコンがあれば、どこでも作業ができるので、自分次第でいくらでもスキルアップができるところに魅力を感じます。

苦労した点はIT業界についての知識が少なかったので、先輩から業務を依頼された際、使用される専門用語が分からず苦労しました。幸い、目の前にはパソコンがあり、いつでも調べることができるので、手が空いたときは、ひたすら調べてます。

未経験から始めるための対策や勉強法

専門用語が多いため、とにかく自分の知らない言葉に遭遇した時は、すぐにネット検索して調べてました。
これは現在に限らず、この先も続けていくことだと思います。

現在の仕事内容について

現在は主にバナーの作成やLP(ランディングページ)の作成です。
自分のスキルを上げて、いろんなことに挑戦していけるよう、日々努めています。

仕事の中で、やりがいを感じるとき

自分で考えた提案が通った時ですね。
経験の浅いうちはなおさら、自分の意見を言うことは、恥ずかしくもあり、なかなか勇気もいりますが、思い切って提案してみることで達成感が生まれ、やりがいを感じられると思います。

前職の経験で現在の仕事に活かせていること

前職で身に付けたお客様視点で物事を考えることが今の仕事に活きていると思いました。
サイト1ページ作る時も、「どうしたら分かりやすいか」「この情報だけで十分か」などユーザー視点で作成しなければなりません。
より伝わりやすいデザインを作るためにこの先も前職で学んだ事を忘れずに日々励んでいきたいと思います。

今後の目標

将来的には、ディレクターなどの上流工程に携わりたいと考えています。
クライアントの要望に対して、「だったら、こういうのはどうですか?」と即座に提案できるようになりたいです。
経験を積めば、自ずと身についてくるとは思いますが、より具体的な提案ができるようになりたいと思います。

取材協力:株式会社クリエイティブリソースインスティチュート