お役立ちガイド:IT・エンジニアの求人動向と年収

スマートフォンアプリ開発特集

ヒット作の開発実績があれば高年収を狙える

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の普及やスマートフォンの人気に伴い、爆発的な成長を遂げているオンラインゲーム市場。その最先端に立って、スマートフォン用のアプリケーションを開発する人材のニーズも急激に高まっています。

仕事情報はこちら

スマートフォンアプリ開発はこんな仕事

iPhoneやAndroidなどのスマートフォンを対象に、エンジニアとしてアプリケーションを開発する仕事で、ここ数年は「ソーシャルゲーム」と呼ばれるオンラインゲームが爆発的な人気となっています。主にコンシューマー向けのゲームやSNSサービスの開発者が求められています。

数人程度の小規模なチームで開発を行うことが多いため、技術力に加えてプランナーとしてのセンスやクリエイティビティが求められるのも特徴です。

仕様に沿ってプログラムを作成するだけではなく、ときにはゲームのアイデアを出したりデザイン面を担当するなど、1人で何役もこなせるマルチな才能が必要な職種といえるでしょう。

企業に求められるスマートフォンアプリ開発エンジニアとは

超売り手市場のスマートフォンアプリ開発者

ソーシャルサービス向けのゲームやコミュニケーションツールなどの開発経験がベストですが、スマートフォンアプリ開発環境の基礎的な知識があり、iPhoneやAndroidなどのアプリ制作経験がある技術者が即戦力として求められています。

とはいえ、成長中の新しい市場であり経験者も少ないことから、かつてないほどの売り手市場となっており、LinuxやUNIX環境におけるWebシステムの開発経験者が広く求められています。

技術的には、PHPやPerl、Javaなどのオープン系開発環境に精通していることが必要最低限のスキルといえますが、なかでもゲームやモバイル向けシステム開発での実績は歓迎される傾向にあります。

3つのOS別に求められるスキル

なお、iPhoneの場合はC言語の1種であるObjective-Cが使用されており、開発環境としてはAppleの提供するXcodeなどが一般的です。Androidの開発言語はJavaであり、EclipseなどのJava用IDEを使いこなせることが前提となります。

Windows Phoneの場合、開発言語にC#とVisual Basicが採用されており、こちらは専用の開発環境が提供されています。スマートフォンのアプリ開発環境は広く公開されているため、キャリアチェンジを狙ううえでは、たとえ独学でもこれらの開発言語やアプリ公開の手順に関してスキルを身につけておくことが有利に働くといえます。

売れるアプリを作った経験

また「売れるアプリを作る能力」を重視する企業が多く、企画からサービスインまでを総合的にマネジメントできる人材が求められています。そのため大規模な開発プロジェクトの参加経験より、アプリケーションの企画から公開までのプロセスを自分1人でこなす能力や経験が求められるともいえます。

求人はSNSサービス運営企業やソーシャルゲーム運営企業のものが多く、企業向けアプリケーション開発に関する募集が比較的少数なのも特徴です。

スマートフォンアプリ開発経験者なら、20代で年収600万円超も

動きの早い業界だけに、新しい技術やプラットフォームに関する知識を身につけたいエンジニアに適しているといえます。経験が少なくてもアイデアや実績次第で上にいける反面、生き残るためには、市場の動きを見据えたキャリア形成が要求されるといえるでしょう。

技術的なスキルを磨き、エースエンジニアとして活躍するだけではなく、ゲームの企画に興味があるならば、クリエイターやプランナーとしてのキャリアを伸ばす可能性も開けている職種です。プロデューサーとしてプロジェクトを管理する能力が必要とされることから、マーケティングやマネジメントに特化する道もあるでしょう。

なお、年収のレベルは高く、Webシステムエンジニアとしての基礎があれば400万円以上は狙えるところ。スマートフォンのアプリ開発経験者であれば20代で600万円以上、ゲームやSNSサービスなどの開発経験があり、かつヒット作に企画面から携わったなどの実績があれば1,000万円以上という例も珍しくありません。

仕事情報はこちら

スマートフォンアプリ開発の仕事をお探しならアデコにご相談ください

アデコでは、システムコンサルタント、ソフトウェア開発(SE・プログラマー)から、Web系業務やDTPまで、幅広い職種をご用意。豊富な派遣先企業、勤務地の中から、あなたのご希望に合った仕事をご紹介しています。

  • mixiチェック