お役立ちガイド:IT・エンジニアの求人動向と年収

社内SE特集

企業内スペシャリストとなる人気の職種

企業内の情報システム部門におけるITスペシャリストとして、経営改善や運用サポートなど、幅広い業務を担当する社内SE。安定した職場環境が人気の職種です。

仕事情報はこちら

社内SEはこんな仕事

ITシステムの設計開発や保守運用を実施するのがSE(システムエンジニア)の主な仕事ですが、「社内SE」とは文字通りその企業の一員として情報システム部門などに所属し、内部からシステム改善に関わるエンジニアのことです。

通常、社内SEの業務といえばアプリケーション開発を指すことが多いのですが、企業によってはサーバやネットワーク構築などインフラエンジニアとしての役割を求められることもあり、より総合的なスキルが要求される職種といえます。

SIerなどのSEと比較して、よりユーザーに近い立場にあることから、障害対応などヘルプデスクとしての業務も職務に含まれる場合があります。

また、開発業務を外部にアウトソーシングする場合は、業務部門とSIerの間に立ってプロジェクト管理業務を行う必要があるなど、技術力以外にも高度なコミュニケーション能力や調整能力が問われる仕事です。

企業に求められる社内SEとは

企業のクラウド対応などによる募集の増加

リーマンショック以降は欠員補充がメインでしたが、ここ最近はTCO削減という経営的な要求から、オープン系システムへの切り替えやクラウド対応に取り組む企業が増えており、求人数も増加傾向にあります。

必要とされるスキルは企業に導入されているシステムに依存するため、開発言語ひとつを取ってもJava、C++、PHPとさまざまです。

業務システムを扱うことから、Windows環境での開発経験や、Windowsサーバの構築スキルを求める募集が多いことも特徴といえます。Oracleや会計・人事システムなど、特定のプロダクトに習熟していることが、採用の前提となることもあります。

技術的スキルのほかに企画・財務の知識も

なお上流工程に携わる社内SEの場合、どのようなシステムが求められているのかを社内でヒアリングし、限られた予算の中で最適なものを判断する必要があることから、技術的なスキルに加えて企画能力や財務感覚が要求される傾向にあります。

そのため転職にあたっては、金融や医療といった対象の業界における深い業務知識を有していることがアドバンテージといえます。

たとえば経理システムを専任で担当する社内SEの場合、ORACLE MASTERといった技術系の資格に加えて、日商簿記2級などの資格を取得していることも多いようです。

上流工程へのキャリアチェンジも視野に

社内SEは決して楽な仕事ではありません。ただし請負型の業務であるSIerのSEと比較して、プロジェクトごとに勤務先が変わることはなく、厳しい納期に追われることもないため、安定した職場環境を求めるエンジニアに適している職種といえます。

ITの専門家としての視点から業務改善や要件定義に携われるため、上流工程へのキャリアチェンジを目指すうえでも魅力的です。

とはいえ通常のSEと異なり、企業内で特定の業務システムに対するスペシャリストとなることが求められることから、最新技術の取得などに関しては、自分自身でモチベーションを持って取り組んでいく必要があるといえるでしょう。

年収に関しては業界や業務内容によっても異なりますが、社内ヘルプデスクとしての業務がメインであれば300万円以上、アプリケーション開発やサーバ・ネットワークの構築などであれば500万円前後が相場といえます。

金融系システムの構築に関する業務経験があるなど、高度な専門知識を有している場合は800万円以上というケースも珍しくありません。

仕事情報はこちら

社内SEの仕事をお探しならアデコにご相談ください

アデコでは、システムコンサルタント、ソフトウェア開発(SE・プログラマー)から、Web系業務やDTPまで、幅広い職種をご用意。豊富な派遣先企業、勤務地の中から、あなたのご希望に合った仕事をご紹介しています。

  • mixiチェック