お役立ちガイド:IT・エンジニア系の職種マップ

Webデザイナー・ディレクター・制作

サイトの立ち上げ、更新、リニューアルで、幅広い知識とユーザー視点でものごとを考えられるかが活躍のポイントに!

職種紹介

Webデザイナー・ディレクター・制作はこんな仕事

クライアントの依頼によって、要望に合ったホームページを構築・制作する業務です。企画や制作管理などを行うディレクション、動きのあるサイトの開発を行うプログラミング、ユーザビリティとクライアントのイメージを両立させるWebデザイン、サイトの動作命令を書き込むコーディングなど、幅広い仕事があります。

求められる経験・スキルは?

HTML知識やプログラミング経験、グラフィック系アプリケーションの経験など、担当する業務によって求められるスキルが異なります。それぞれの分野での広い知識と高い能力、新しいものを吸収していける方が求められています。Flashなどアクションスクリプトの知識・技術、また外国語ページを扱える語学力も歓迎されます。

Web制作はどのような会社で仕事をする?

Web制作を業務として行うにあたり、大きく分けると3つの会社パターンに大別されます。Web制作そのものをサービスとして提供している『制作会社』、Web制作以外の『事業会社』に所属し自社内のWeb制作業務を実施する会社、ネット事業・ゲーム制作会社・SNS企業など『自社でWebサービスを提供している会社』。

①制作会社

一言で制作会社といっても、Web制作のみを行っている企業や、映像・CMなども制作している企業、マーケティングなどもサービスとして備えている企業など様々です。一般的な制作会社では、営業やプロデューサーが顧客から受注した案件に対して、ディレクターがデザイナーチーム・コーディングチームなどに指示を出し、進捗管理をしていくフローが一般的です。案件ごとに業務内容やサイトのテイストが変わり、都度、顧客からはそのクオリティやスピードを求められるため、3つのパターンの中では一番スキルが身に付くとされています。

②事業会社(Web制作以外)

事業会社内でのWeb制作に関わる業務は、会社規模やサービス内容、サービス形態によって様々なポジションがあります。自社内でWebチームや、広報、マーケティングなどの部門を持つ企業では、企業の戦略に伴った調査・分析、マーケティング、自社Web(HPやECサイト)制作、外注の制作会社をコントロールする業務など、多岐にわたります。一方で、あまりWebに力を入れていない会社では、コーポレートサイトなど情報を掲載するだけのWeb制作業務があります。一般的には『Web更新』といわれる業務で、CMS(コンテンツマネージメントシステム)などを使用してニュースリリースや、キャンペーンページを制作していく『Webを維持していく』業務です。

③自社でWebサービスを提供している会社
(ネット事業・ゲーム制作会社・SNS企業など)

SNSサイトやECサイト、自社制作のゲームやアプリを開発している会社などでは、PCやスマートフォン向けのWebに関わる業務が発生します。各コンテンツの企画から設計、実際の制作業務や、外部に依頼する際には外注会社の管理、納品されたサイトのチェック、日々の更新などの業務があります。制作会社とは違い、一般的には自社サービスに特化して業務を行います。

Webデザイナー・ディレクター・制作を経験し、どのようなキャリアを積んでいくか?

1990年代には『Webクリエイター』とひとくくりにしていましたが、Web技術の進化に伴いポジションは専門化・高度化しています。そのため、Webに関わるクリエイターのキャリアプランも様々です。

①技術の専門高度化

デザイナー・制作のスペシャリストとして現場の最前線でモノ作りをする

②他業界への応用

制作会社からゲーム開発会社などへ転職し、ノウハウを存分に生かす

③組織内の中核メンバーへ

デザイナー・制作を経験後、ディレクター・プロデューサーへと経験を積む

④階層の昇進

経験した技術知識を生かしてマネージメント力をつけ、昇進を目指す

Webデザイナー・ディレクター・制作のスキルと時給イメージ

Webデザイナー・ディレクター・制作の仕事を探す

IT・エンジニア系の仕事をお探しならアデコにご相談ください

アデコでは、システムコンサルタント、ソフトウェア開発(SE・プログラマー)から、Web系業務やDTPまで、幅広い職種をご用意。豊富な派遣先企業、勤務地の中から、あなたのご希望に合った仕事をご紹介しています。

  • mixiチェック